ガン細胞への攻撃に大きく役立ってくれるNK細胞療法

ガン細胞への攻撃に大きく役立ってくれるNK細胞療法

カウンセリング

最先端のガン治療といわれたNK細胞療法

日本人の死亡率が最も高いとされているガンは、治療を行いながら再発や転移など様々な点を防止しなくてはなりません。しかし、ガンは発生した部分によってはその対策が効果をなさない場合もあります。そういった大きな問題を抱えていたガン治療ですが、「NK細胞療法」と呼ばれる的確にガン細胞を攻撃してくれる細胞を利用することで、ガンの進行を阻止することができます。

病院

免疫細胞を高める事を免疫療法と呼ぶ

NK細胞療法のように、体の中にある細胞を利用してガン細胞などの害になる細胞を攻撃したりする方法を「免疫療法」と呼びます。この方法を使うことで、ガン細胞に強い免疫細胞を作り上げることができます。また、結合している抗原と抗体から抗原だけを分離させる「免疫沈降法」を利用することで、ガン治療には有効ともいわれています。

NK細胞療法の特徴を比較しよう

副作用が少ない

NK細胞療法は元々自分の血液の中にある細胞を、人工的に培養して活性化させている細胞になります。そのため、体に投与した際も、異物として見られることが少ないため、拒絶反応などの副作用が少ないとされています。

再発や転移防止に有効

NK細胞療法は「生まれながらの殺し屋」とも呼ばれている細胞です。そのため、人工的に培養させ、体の中に巡らせることで、ガン細胞を攻撃してくれます。そのため、再発や転移などの予防に最も効果的とされています。