関節の痛みや腫れなどを引き起こすリウマチの対策をしよう!

リウマチとはどういった病気なのか

リウマチは「関節リウマチ」、「リウマチ結節」など様々な症状があります。多くが骨や関節、筋肉に起こる炎症で、そのままにしている痛みや腫れを引き起こし、悪化してしまうと様々な合併症を引き起こし、最悪歩行が困難になってしまう恐れもあります。

リウマチ治療の流れを知ろう

先生

薬を使っての改善

リウマチは症状に応じて治療方法が変わります。症状が重い場合は手術が必要になりますが、そうでない場合は薬を使って進行を抑えたり、関節が壊されるのを予防していきます。

リハビリを行う

痛みが軽減されてくるとリハビリを行っていきます。運動やストレッチを行うことで免疫力を高めるだけでなく、関節を柔らかくする効果があります。

検診や検査のみになる

痛みや腫れが改善されていけば、診察や診断だけになります。痛みが出てきた場合などはその時に先生に伝えることで、対策方法を考えてくれます。

関節の痛みや腫れなどを引き起こすリウマチの対策をしよう!

カウンセリング

リウマチの症状は痛みや腫れ

リウマチの症状は骨や軟骨を覆っている「滑膜」と呼ばれる場所に炎症が起こります。最初は腫れが出てきてしまうのですが、悪化していくと骨や軟骨を破壊して痛みを伴ってきます。

診察室

リウマチは様々な症状を引き起こす

リウマチは痛みや腫れを引き起こすだけでなく、合併症を引き起こしてしまう原因にもなります。リウマチにより免疫に異常が起こってしまい引き起こされる「シェーグレン症候群」や痛みが長く続いてしまうことで「うつ状態」になってしまうこともあります。

聴診器

リウマチは早期発見が大切

リウマチは発見が早ければ早いほど改善も早いといわれています。また逆に発見が遅くなれば、骨や軟骨を破壊してしまうため、改善と破壊されてしまった骨などの再生にも時間がかかってしまいます。

医療技術が進化したことで完治も可能なリウマチ

リウマチは一昔前までは進行を遅らせることしかできない症状といわれていました。しかし、現在の医療技術は様々な進化を遂げています。そのため、世田谷の病院などでは、薬によってリウマチの進行状態をコントロールし、発症前の状態まで改善させることが可能となりました。