下肢静脈瘤と呼ばれる病気とは一体どういったものなのか

下肢静脈瘤とはどういった病?

下肢静脈瘤とは足元から心臓にかけての血管に起こる疾患になります。主に血流が悪くなってしまい、血管が浮き出てきたり、コブのように膨らんでしまうのが特徴とされています。

下肢静脈瘤の種類を比較してみよう

伏在静脈瘤

伏在静脈瘤は足にある血管の「大伏在静脈」、「小伏在静脈」で見られる症状になります。足首の内側や後ろ側などに血管が浮き出てきてしまいます。

側枝静脈瘤

側枝静脈瘤はふくらはぎに最も多く見られる症状です。名前の通り枝分かれした血管で疾患が発生し、血管が浮き出たり、ボコボコとした瘤のようになったりします。

下肢静脈瘤と呼ばれる病気とは一体どういったものなのか

医者

下肢静脈瘤の治療方法

下肢静脈瘤を治すためには、様々な治療方法があります。レーザー手術などを行って負担を軽減させる「血管内焼灼術」や再発率が低い「ストリッピング手術」など様々です。自分の体調や年齢などに合わせて、治療方法を考えてみましょう。

待合室

下肢静脈瘤の予防策を知る

手術などを受けて改善させても、そのままにしていると再発してしまうことがあるのが下肢静脈瘤です。そのため、日常生活でも簡単に行える予防対策を知っておきましょう。少しでも異変を感じたら、すぐに病院で診察を受けてください。

下肢静脈瘤はそのままにしておくと合併症を引き起こす

下肢静脈瘤は血管にできる病気ですが、命に関わるような大きな病ではありません。しかし、だからといってそのままにしてしまうと、「うっ滞性皮膚炎」や「皮膚潰瘍」などの様々な合併症を引き起こしてしまいます。きちんと治療を受けることで、こういった合併症も予防できます。